印刷

いろんな時に使える

IP電話は通話料を考えた時、大変便利なものであることがわかる

電話で話をする男性

IP電話を利用している方は、多いと思います。 IP電話では、インターネット回線を利用しています。 大手企業では、問い合わせ窓口にIP電話を利用しているのを多く見かけることが出来ます。 これは、無料で通話することができるので顧客にとってもニーズがありますし、企業にとっても安上がりですむので両者にとって大変にお得なわけです。 ある企業に問い合わせをする時に、050から始まっていたらIP電話を利用していると考えて良いでしょう。 電話料金は、遠くに架ければ架けるほど通話料金は高くなります。 しかし、IP電話では全国一律ですので、どんなに遠くに電話しても料金が同じという利点があります。 その意味で、大変便利なものなのです。

利用上の注意点について

IP電話の利用方法ですが、相手先が提携のプロバイダIP電話に加入している場合とそうでない場合とで変わります。 電話を架ける相手が提携のプロバイダIP電話に加入していれば、相手先の電話番号の前に、050をダイヤルすれば良いことになります。 しかし相手先が加入していない場合は、相手先の電話番号の前に4ケタの番号をダイヤルしなければならないのですが、この番号は、加入している電話会社などによって変わるので注意が必要です。 国際電話の場合は、国番号の前に010をダイヤルする必要があります。仮に010から架けなかった場合は通常の料金が架ってしまいますので注意が必要です。 また、加入している会社によってはIP電話では架けることのできない番号もあります。110番などの緊急ダイヤルでは利用できない場合もあるので、その点は確認する必要があります。