印刷

より快適に通話

IPフォンの今までの歴史

電話

IPフォンとは「IP電話」のことでもあり、全てにVoIP技術を利用する電話サービスのことです。多くは音声だけの物ですが、動画も利用できるサービスもあります。簡単に言うとインターネット回線を利用する電話回線です。 インターネットを使うのか電話機を使うかどうかで様々な形態が歴史の中で生まれました。IPはデータをパケットに分割して運ぶのでアナログ加入電話の回線を占有する回線交換方式よりも効率がよく、安価でのサービスが可能です。現在では、CATV回線や光ファイバー回線というものを利用して一般の回線電話と同じように使用できるサービスが普及されてきています。通話の品質も文句の出ないレベルに進化してきています。

今後の通信形態はどうなるのか

いまでは当たり前のIPフォンは通信界の革命的な発明です。通話料が無料という昔では考えることの出来なかったことが可能だからです。このため、ほとんどのプロバイダもIPフォンの電話機能を導入してきていまして、実質無料のサービスを受けることが可能なのです。 国際の電話も可能ですので海外に相手がいた場合でも同じ料金で電話ができます。これからの期待は、映像付きの電話をすることができるということです。IPフォンのテレビ機能とパソコンをインターネットにつなげれば相手の顔を見ながら通話が可能です。料金も安いので、瞬く間に広まっています。個人でも会社の会議でも利用できるので幅広い活躍が期待できます。他にも、ネットの機能と混合してIPフォンはさらなる進化を残しています。